賢い探し方

2つのマンション

賃貸事務所を探すときには、コストパフォーマンスに優れた物件を選ぶのが原則である。特に企業経営では家賃などの固定費の削減が収益アップのポイントであり、そのためには家賃の値下げ交渉も行うべきであろう。しかし他の入居者との関係もあるので、家賃値下げ交渉を行うのは難しいのが一般的である。しかしフリーレントであれば、最初の数か月間の家賃が無料になるので、実質的に家賃値下げと同じ効果が期待できるであろう。またフリーレントの賃貸事務所は情報サイトで紹介されないケースも多いので、直接不動産会社に相談するのが理想的である。特に未公開物件情報を数多く持っている業者であれば、お得なフリーレント物件を紹介してくれるであろう。

居住用のマンションと比べると、賃貸事務所の賃料などの入居条件は不透明な部分が多いのが実情である。そこで良い条件で賃貸事務所に入居するためには、フリーレントなどの条件面での交渉を行うべきであろう。特に空室率の高いオフィスビルの場合には、オーナーとの交渉でフリーレントの1か月程度の上乗せは容易であろう。またフリーレントの交渉と合わせて、保証金の値下げ交渉も行うのが効果的である。特にオフィス用物件の初期費用は割高なケースが多いので、交渉を行うことはお得に入居するための必須条件である。またオーナーと直接交渉するのではなくて、不動産会社を通じて様々な条件交渉を行ったほうが、値下げ交渉の成功率が高まるであろう。